あなたの知り合いに風俗嬢がいる!?

風俗嬢かどうかを見抜くポイントをご紹介。あなたの知り合いや彼女がこっそり働いているかも…

シャワーを掛ける美乳風俗嬢あなたのパートナーや、知り合いに風俗で働いている人はいますか?隠れてこっそり働いている場合でもポイントを掴めばすぐに風俗勤務が見抜けるかも。今回は風俗嬢の見分け方をご紹介したいと思います。

その1.金使いが荒い
前は持っていなかったブランド物のバッグを持っている、「お金がない」が口癖だったのに何かと飲みに行くようになった…。あなたの周りにそんな人はいませんか?風俗で働くと普通のアルバイトでは手に入らないようなお金がもらえるため、お金の使い方が荒くなる傾向があります。前と比べて明らかに金銭感覚が変わっていたら、風俗勤務を疑ってみましょう。

その2.タイマーを持ち歩いている
風俗を利用したことがある人はわかると思いますが、サービスの終了時間がわかるように風俗嬢はタイマーを持ち歩いています。でも一般的な感覚では日常生活でタイマーを持ち歩いている人ってなかなかいないですよね。もしもタイマーを常備している人がいれば、その人は風俗嬢の可能性が高いです。

その3.シャワーを浴びる時間が早い
風俗ではソフトサービスでない限り、プレイの前に必ずシャワーを浴びるのがルールです。でも長時間シャワーを浴びているとプレイ時間が減ってクレームになりますし、なにより女性の肌が荒れてしまいます。そのため風俗嬢は5分程度でお客様の身体と自分の身体を洗い終えるようになります。一種の職業病です。急いでいる時にでも「パパッとシャワー浴びちゃうね」と言ってお風呂に入り、本当に数分で出てくる。そんな女性は風俗嬢の可能性があるかもしれません。

その4.手が荒れている
先ほど言った通り風俗嬢はプレイ前に必ずシャワーを浴びなければなりません。売れっ子にもなると1日で4人~5人以上接客することもあります。そのため何度もシャワーを浴び、肌が乾いてガサガサになりがち。手も荒れがちになります。薬剤や洗剤を扱う仕事でないのに手が荒れていたり、念入りにハンドクリームを塗っている人はもしかしたら風俗嬢かもしれません。

その5.派手なのに爪が短い
オシャレ好きな女性は頭からつま先まで綺麗でいたいと思うものです。ファッションやメイクにこだわるのはもちろん、爪を伸ばして可愛らしいネイルをするのが常識になりつつあります。しかし、風俗嬢はデリケートな部分を扱うため長爪はご法度なんです。見た目が派手でオシャレでも、なぜかいつも爪は深爪。そんな女性がいたらもしかすると。

以上いかがだったでしょうか。あなたの周りにポイントに当てはまる方はいませんか?