本屋で不倫物を見ているおばさんと…

見るからにエロそうな色っぽいおばさんを発見。トイレで中出しセックスした体験談。

トイレでのセックスに喘ぐ熟女ついこの前の話。暇潰しにとあるショッピングセンターの本屋に行きました。フラーッと本屋に入ると文庫本のとこに非常にお尻まん丸で色っぽいおばさんを発見。ベージュのダウンに白のチノパン、歳は40くらいの人妻かなと思った。幸い、平日の早い時間の為か、まわりに人はほとんどいない。早速、奥さんのそばに近付き、様子を見ながら間合いを詰める。本に熱中しているのか、気付かないみたい。奥さんは某作家の不倫物を見ている。「この奥さん、不倫に憧れているな」とそれだけで確信しました。そこで隣に寄り、辺りを確認。誰もいない。

そして、身体を少し寄せるようにするが、気付かない。右手を一気に伸ばし、奥さんの大きな丸いお尻に。ビクッ、とするがかまわず、露骨にお尻を撫で回す。ここで騒がれたら逃げればいいだけのこと、しかし、奥さんは身体を硬くしただけで動けなくなっているようである。いけると僕は確信し、奥さんのお尻を揉みながら腰を引き寄せるようにすると下を向いたまま、耳まで真っ赤になった奥さんはこちらに身体を預けるようにしてくる。

今度は右手を奥さんの肩に回し、左手でダウンジャケットの開けてあるとこから手をしのばせ、乳房を揉むと、奥さんは「はぁっ」と色っぽい声を小さくあげる。「奥さん、これ触って」と云いながら奥さんの右手を私の股間に導くと、身体を硬くしながらも恐る恐る、という感じで触りだし、だんだんと弄りだしたので「奥さん、ここじゃまずいからトイレ行こうよ」というと素直にうなずきトイレへ移動。

障害者トイレの個室に入り、奥さんとディープキスしながらお互いに股間を弄りあう。奥さんのチノパンとパンティーを引きずり降ろし、クンニすると「はぁああぁ~!」と艶やかな声を出す奥さん。「フェラして」と頼むと素直に私のモノを取り出しフェラする。テクはまあまあだが、一生懸命の奥さんに私はヒートアップ。奥さんを立たせて、後ろを向かせ、大きく丸いお尻を突き出させる。挿入すると「はっ、はぁん」と背中を仰け反らせたので耳元で言葉責め。

「奥さん、色々な男に入れさせているの?」
「そ、そんなことしてません、主人しか知らないの」
「じゃあ、俺のおちんちんが二人目かな?」
「はっ、はっ、そうですぅ」
「いけない奥さんだね」
「あぁっ、そんな・・・、あっ、あぁ~!」

ピストンを早め、奥さんの子宮を突きまくると「あぁ~!いいわ、中に出してぇ~!中でいいの!中出しがいいのぉ~!」と言うので更にピストンを早め最後は豪快に中出しで大量射精。奥さんもイッたようで肩で息をしている、奥さんを抱き起こしキスする。その後、ホテルに入り、奥さんは大声で喘ぎまくっていた、三回程中出しさせてくれて、お互いの連絡先を交換したが47歳とは思わなかった。旦那は相手にしてくれないし、子供は自分勝手なので不倫願望があったらしい。

また会う約束を取り付けてるのでまた中出ししてやろうと思います。